少しずつでも必ず変われる! ー松澤萬紀先生『1秒で「気がきく」人がうまくいく』読書感想ー

人生の悩みを救う学び

いつもありがとうございます。
あなたの人生に虹をかけるブログ『海岸の石』ばーそんです。

今回は、誠実な価値観に多くの学びをいただいた『100%好かれる1%の習慣』の著者

松澤萬紀先生の次作『1秒で「気がきく」人がうまくいく』(ダイヤモンド社)の読書感想です。



ANAの客室乗務員や教育係として長らくご活躍され、マナー講師として現在活躍されている松澤先生

とても「伝わる」文章で読者の心に寄り添う御力は、まさに努力の賜物。

前作で一気にファンになってしまったので、今作も楽しみにしていました。

そんな先生の価値観に触れ、私は何を学んだのか共有させていただきます。

どうすれば「気がきく人」になれる?

まず、私がこの本を読んだ目的は先述の通りで

「松澤先生の誠実な価値観をインストールしたい」

と考えました。

それに関連して、今作には

「周りにポジティブな影響を与えるには?」

という問いを立てて読みました。

問いに対する答えを一言でまとめると

相手の心を支える「1秒考動」を積み重ねる

です。

具体的にどんな考動かというと、大きく3つあります。

1つめ:「3かけ」

これは「目をかけ・気にかけ・声をかけ」のことです。

相手を承認する姿勢ですね。

そしてそれは、特にミスした人など、落ち込んでいる人にかけるべきだと学びました。

心の支えになる

これが誠実な価値観のキーワードだと感じました。

2つめ:笑顔は1.5倍の意識

これは私自身の課題に感じていることで

なかなか疲れている時などは、明るく振る舞えません。

そして、「笑顔が大切」と分かっていても「具体性に欠ける」ので

目指すべきところが分かりません、実践できないのです。

なので、「1.5倍くらいオーバーに意識して、笑顔を作る」ことで

ようやく周りからポジティヴに受け取ってもらえるほどの笑顔になると思えますので

価値観に取り込んでいきます。

3つめ:怖がらず行動にうつす“一歩”が大切

何事も行動するには、自分を変えるには勇気がいります。

つい、完璧を目指して足が竦んでしまったり・・・

しかし松澤先生は「スモールステップ」の大切さを教えてくださいました。

ほんの少し勇気をだして、コミュニケーションする、前に出る

まさにこの価値観に「大きな勇気」をもらえました。

おわりに

いかがだったでしょうか。

今回はいつも通り3つしかご紹介しませんでしたが

とてもここでは書ききれないほど、素敵な価値観が一冊に凝縮されています!

まとめとして、私はこの本を通じ価値観がこう変わりました。

Before:「気がきく」ためには才能やとんでもない努力がいる

   

After:まずは「1秒」から、少しずつやっていけば自分も相手の心に誠実さを届けられる

です。



是非一度、松澤先生の講演会やセミナーに参加してみたいです。

書籍から溢れる誠実さを、直に感じるために・・・

皆様も是非、素敵な考え方の数々を分かりやすく学べるこの本を手に取ってみてください。



本日もお読みいただきありがとうございました。