心・技・体 一番大切なのは・・・ -樺沢紫苑先生『ブレインメンタル強化大全』読書感想-

人生の悩みを救う学び

いつもありがとうございます。
あなたの人生に虹をかけるブログ『海岸の石』ばーそんです。

さっそくですが、このブログを御覧の

・仕事
・勉強
・自己研鑽

に日々励んでおられる皆さん!

あなたは健康をないがしろにしていませんか?

この問いに「NO!大切にしてます!」と即答できなかった方は

是非今からご紹介する本を手に取ってみて下さい!



ということで今回は、このブログを始めるきっかけともなった

『学びを結果に変える アウトプット大全』の著者、樺沢紫苑先生の最新作

『ブレインメンタル強化大全』(サンクチュアリ出版)の読書感想です。

心・技・体の優先順位

まず、私がこの本を読んだ目的は

幸福のベースとなる心身を整え、強くするため

です。

したがって読み進めるにあたっては

心と身体をどう整えればいいのか

という問いを立てながら読みました。

問いに対する答えを一言でまとめると

鬼を滅するには 刃の前に心身を磨け

です。

更に踏み込んで言えば

技<心<<<体


ということ。

体の健康なくして心や技の発揮はできない

と学びました。

やってて良かった、悪かった! 具体的学び

では本書において、私はどんな学びを得たのか

特に印象に残ったものを3つご紹介します。

その1 タバコによる集中力の“低下”

私は一切タバコは吸いませんが

喫煙者はタバコを吸って初めて、非喫煙者と同レベルまで集中力が回復する

普段の集中力は非喫煙者のそれに比べて低い


という事実は驚愕でした!

健康はもちろん、日々のパフォーマンスにまで影響が出ているなんて・・・

この学びを周りの人たちの前向きな影響として使っていきたいです。

その2 悪口は“依存症”である

これには「ドキッ!」としました。

基本的には私も建設的でない会話は嫌いです。

しかし時に悪口と言える内容も話してしまう。

そんなとき脳では

ストレスホルモンのコルチゾールと依存ホルモンのドーパミンが出ている

というのです!

ドーパミンはどちらかと言えば前向きなイメージですが

そのデメリットである依存性が、悪口にも存在していた

どおりで、ダメと分かっていても話してしまうわけです。

その3 筋トレもきちんと健康にいい!

これは背中を押された情報でした。

私はかねてより、ジムを活用しながら

・エアロバイク等の有酸素運動
・マシン類を使った無酸素運動

を週2回していました。

しかし、子どもが産まれてから週1回無酸素運動のみとなり

コロナ禍で戒厳令が会社で敷かれてからは自宅で筋トレをするのが主体でした。

私は「運動のうち筋トレを習慣として残そう」と選択したわけですが

「有酸素運動の方が健康にいいって言うよな・・・」と後ろめたさもありました。

しかし、今回本書で無酸素運動の効果もきちんと学べたことで

「テストステロンてこんなにメリットあるのか」

「BDNFで脳は賢くなるし成長ホルモンもきちんと分泌されるんだな」

「よし、この調子でやるぞ!」


と、前向きに肯定できたのです。

もちろん、有酸素運動の復活も虎視眈々と狙いつつ

今は、筋トレ中心で自信と健康を高める習慣を続けます!

ますます幸福に! 学びの実践

次に私は、本書の学びを活用し3つの行動を実行します。

その1 朝散歩の開始

朝散歩については、前々から樺沢先生の書籍で幾度もその重要性を知っていました。

一方、今の私の生活では朝のわずかな時間が貴重な自己啓発のチャンス・・・

行動として選択することはありませんでした。

しかし今回、実際に朝散歩を実践されている読者の生の声が本書に載っており

「パフォーマンスが上がりますよ!」

という声に背中を押されました。

「できる範囲でやっていこう」

ということで

週2~3回の朝散歩をスケジュール帳に書き込み、実行しています。

やってみると朝の外の空気や景色が清々しく

帰宅後も身体が適度にシャキッとし、すぐに自己啓発で集中状態に入れる!

布団の中より、自然の中でアイドリング!

これが私の朝散歩のモットーになりそうです

その2 悪口を自分から発信しない

これまで私は、気心知れたグループにだけSNSで

「ちょっといいかな・・・」

と批判めいたこと、あまり建設的でない愚痴を漏らすことがありました。

もちろん無理して溜め込まないよう、バランスは配慮しつつ

・自分からは送らない
・相手から来たときは、慎みを持ちつつ会話に参加する

に、少しチューニングを変えようと思います。

依存症なので一朝一夕良くなるものではないですが

ぼちぼち良くする

ということで、スモールステップで改善します♪

その3 妻と相談し食事の見直し

食事に関しても本書では幾つも新たな学びがありました。

私はかねてより、大好きなチョコレートをハイカカオ中心としたり

徹底したベジファースト等、食事管理も長年継続しています。

しかし今回、揚げ物が健康に悪影響であることをしっかり学べましたので

妻と相談の上

総菜を買う時はお肉のフライ→焼き魚等を選択する

という意識付けを決定しました。

これも、ストレスが溜まっては本末転倒

心と身体の健康のバランスを見ながら無理のない範囲でやっていきます。

おわりに

いかがだったでしょうか。

今回はそれぞれ代表して3つずつしかご紹介できませんでしたが

毎度のことながら、樺沢先生の大全シリーズは分かりやすい学びが100以上載っています!

まとめとして、私はこの本を通じ価値観がこう変わりました。

Before:ある程度健康は留意しつつも、無理・犠牲は必要だ(5:5)

   ↓

After:もっと健康第一で!自己研鑽・他者貢献はその後だ!(7:3)

です。

健康なしに、人生の成功も他者の幸福もあり得ない・・・

このことが強く、私の価値観に刻み込まれました!

是非皆さんも本書を通じ、一度健康とじっくり向き合い

「できる範囲でやっていこう!」

樺沢価値観を取り入れてみてください。



本日もお読みいただきありがとうございました。